Virtual Radar Server

Virtual Radar Server(工事中)

Virtual Radar Server

概要

 Virtual Radar Server(以下VRS)はMode-S受信機のデータをWeb上に表示するためのソフトウェアです。
単体でWebサーバとして動作するので、Mode-S受信機さえあればWebブラウザでデータを閲覧可能です。

動作環境

Windows 10, 8, 7, Vista, XP
Linux
OS X

ただしWindows以外はMono上での動作です。
Monoは.Net Frameworkを様々なプラットフォームで実行するためのオープンソースソフトウェアです。
MonoはLinux, BSD, OS Xなどから、果てはWiiやPS 3などにも移植されているのですが、VRSが動作確認されているのはLinuxとOS Xです。

インストール

VRSのWebサイトからダウンロード可能です。
Windows 32/64bit版、Mono版があります。

インストールの詳細はこちら

OS Xにインストールする例はこちら

設定

スタートメニューを開くと「Virtual Radar」のようなアイコンがあると思いますので、それを起動します。
以降はソフトウェアのメニューから設定します。

設定の詳細はこちら

VRSにインターネットからアクセスする

VRSをユーザー限定にする。

WebAdminプラグインをインストールする

Linuxで使用する